「免許と温泉」が有効な理由

合宿免許の期間中は、平日は毎日学科に実技にと予定が詰まっています。免許取得の本来の目的は実際に公道で運転を行うことですから、学科教習では覚えるべきことも多いし、技能教習では教官から厳しい指導を受ける場合もあるかもしれません。

車の運転がとにかく楽しみで、合宿で少しでも早く免許を取りたい!という思いで合宿に入ったとしても、ちょっと自信はないけれどせっかくだから学生のうちに免許を取っておこう、という人も、慣れない車の扱いには緊張する場面も多くなるでしょう。通学することと比較しても、合宿免許の場合は効率的に免許取得までのプロセスをたどれるわけですが、それは同時に、普段とは違う体験が毎日続くということでもあります。

同じ目的を持ってきている人たちとの触れ合いなど、楽しいことも多い合宿免許ですが、無事に目的を果たすためには、教習の緊張から解き放たれて気分転換をする時間は不可欠です。そのためには体だけでなく心も癒される温泉はとてもいい手段です。温泉そのものも、あまり急に長時間入ると体に負担がかかるもの。教習も温泉も無理をせず、うまく気持ちを切り替えつつ心身の疲れを取って、充実した合宿免許の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。