合宿免許を利用してみよう

卒業後の休み期間、新たな計画の一つとして運転免許を取ることも入れてみませんか。社会人になると、お金はあってもまとまった時間はなかなか取れないものです。だからこそ、合宿免許で効率の良い時間を計画してみましょう。

自動車教習所は自宅から通うものをイメージされる方が多いかもしれませんが、合宿免許という手段もあります。教習所や周辺の施設に宿泊をして、2週間ほどで集中して交通法規などを学ぶ学科教習、実際に車を動かす技能教習を学び、免許を取得するというものです。

現地に泊まるということは、自宅の近くでなくてもいいということ。実際に、合宿免許に関しては教習所の近隣以外に住んでいる人を対象としている教習所も多くあります。免許を取れるだけではなく、旅行気分も味わうことができ、同じ目的を持った仲間との出会いも楽しめるのは、長期休みなどの過ごし方にも有効だといえるでしょう。

さて、実際に合宿免許を考える場合、行き先はどのようにして決めればいいのでしょうか。ここで、旅行に行くときに重視することを思い出してみましょう。合宿免許の場合、教習所卒業までにかかる時間は2週間ほど。本来の目的は免許の取得としても、それ以外にも楽しみはほしいし、疲れを忘れる息抜きの時間も必要…せっかく遠くに行くのであれば、教習の合間に温泉に浸かってのんびりする時間を持つ、というのはいかがでしょうか。慣れない車の運転で緊張した体をほぐす時間も、より充実した教習のためには大切です。