「免許と温泉」が有効な理由

合宿免許の期間中は、平日は毎日学科に実技にと予定が詰まっています。免許取得の本来の目的は実際に公道で運転を行うことですから、学科教習では覚えるべきことも多いし、技能教習では教官から厳しい指導を受ける場合もあるかもしれません。

車の運転がとにかく楽しみで、合宿で少しでも早く免許を取りたい!という思いで合宿に入ったとしても、ちょっと自信はないけれどせっかくだから学生のうちに免許を取っておこう、という人も、慣れない車の扱いには緊張する場面も多くなるでしょう。通学することと比較しても、合宿免許の場合は効率的に免許取得までのプロセスをたどれるわけですが、それは同時に、普段とは違う体験が毎日続くということでもあります。

同じ目的を持ってきている人たちとの触れ合いなど、楽しいことも多い合宿免許ですが、無事に目的を果たすためには、教習の緊張から解き放たれて気分転換をする時間は不可欠です。そのためには体だけでなく心も癒される温泉はとてもいい手段です。温泉そのものも、あまり急に長時間入ると体に負担がかかるもの。教習も温泉も無理をせず、うまく気持ちを切り替えつつ心身の疲れを取って、充実した合宿免許の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

合宿免許と温泉

日本は温泉国で、温泉地も全国に点在しています。温泉地付近の教習所では、合宿免許の教習の合間に温泉が楽しめるプランもいろいろ作られています。教習所(宿舎)内に温泉があるというパターンは限られますが、教習所の近くで温泉が楽しめたり、そもそも宿泊先が温泉旅館やホテルだったりという場合も多いのです。

温泉大好き、1日に何回でも入りたい!という人は、温泉付きのホテルに泊まるプランがいいでしょうし、時にはちょっと離れた有名な温泉に行ってみたい!という場合、教習所から送迎バスが出ることもあります。一度行ってみたい、という温泉がある場合は、その近くで合宿免許を取れる教習所はないか、という方向で探すのもいいかもしれません。

新潟県のとある教習所では、宿泊はリゾート地のペンション。教習生は地元の温泉に無料で入れます。観光協会とも提携していて、地域の住民のみなさんが教習生を歓迎しているそうです。宿泊にホテルを選ぶなら、もちろん温泉もついています。地元の人たちに温かく迎えてもらえると、合宿免許の地が特別な場所になりそうです。

また、香川県のとある教習所では、宿舎の隣にあるリゾート施設が教習中は無料で利用できます。海を眺めながらの温泉は、慣れない運転で疲れた体も心も癒してくれるでしょう。このように、温泉に入れる教習所は沢山存在しています。宿舎や近隣に温泉のある教習所を探せる合宿免許サイトなどを活用して、自分好みの温泉を楽しめる教習所を探してみると良いでしょう。

合宿免許を利用してみよう

卒業後の休み期間、新たな計画の一つとして運転免許を取ることも入れてみませんか。社会人になると、お金はあってもまとまった時間はなかなか取れないものです。だからこそ、合宿免許で効率の良い時間を計画してみましょう。

自動車教習所は自宅から通うものをイメージされる方が多いかもしれませんが、合宿免許という手段もあります。教習所や周辺の施設に宿泊をして、2週間ほどで集中して交通法規などを学ぶ学科教習、実際に車を動かす技能教習を学び、免許を取得するというものです。

現地に泊まるということは、自宅の近くでなくてもいいということ。実際に、合宿免許に関しては教習所の近隣以外に住んでいる人を対象としている教習所も多くあります。免許を取れるだけではなく、旅行気分も味わうことができ、同じ目的を持った仲間との出会いも楽しめるのは、長期休みなどの過ごし方にも有効だといえるでしょう。

さて、実際に合宿免許を考える場合、行き先はどのようにして決めればいいのでしょうか。ここで、旅行に行くときに重視することを思い出してみましょう。合宿免許の場合、教習所卒業までにかかる時間は2週間ほど。本来の目的は免許の取得としても、それ以外にも楽しみはほしいし、疲れを忘れる息抜きの時間も必要…せっかく遠くに行くのであれば、教習の合間に温泉に浸かってのんびりする時間を持つ、というのはいかがでしょうか。慣れない車の運転で緊張した体をほぐす時間も、より充実した教習のためには大切です。